パッキンの劣化が原因

作業員

適切なパッキンと交換

蛇口やハンドルの根元からの水漏れは、内部の部品の劣化が原因となっていることがほとんどです。特に多いのは、接合部に挟み込んであるパッキンの劣化です。パッキンは弾力のあるゴムなどで作られているのですが、ゴムには温めると柔らかくなり、冷えると収縮して硬くなるという性質があります。そして水回りは、室温の温もりと水道水の冷たさの影響を交互に受けます。そのためパッキンは、柔らかくなったり硬くなったりを繰り返しているうちに、形状が不安定になります。すると接合部に隙間ができ、水が漏れてくるわけです。こういった場合の水漏れ修理は、パッキンを交換するだけで済みます。したがって蛇口やハンドルを取り外し、分解する知識と技術とがあれば、個人でも行うことが可能と言えます。逆に言えば、分解できなければ水漏れ修理は難しいということです。また、パッキンには様々な種類のものがあり、交換する際にはもちろん適切なものを選ぶ必要があります。間違った種類のパッキンを取り付けても、接合部の隙間がなくならないため、水漏れは解消されないのです。そのため水漏れ修理は、専門業者に任せた方が安心とされています。専門業者なら、水栓の構造を熟知しているため、スムーズに分解できます。そしてパッキンも、事前に水栓のメーカーや品番を伝えておけば、適切なものが用意されるのです。さらに、金属部分の腐食など、パッキンの劣化以外に水漏れの原因があった場合には、その部分の交換も行われます。このように確実性の高い水漏れ修理となるため、多くの人が水漏れの際には専門業者を頼りにしています。

Copyright© 2017 住宅トラブルを確実に直そう|水漏れ修理は業者にお任せ All Rights Reserved.